簿記2級の取得が簡単に出来る勉強術|独学やスクールで合格を目指せ

勉強

通信講座か専門学校か

PC

短期間で確実に資格取得を目指すのであれば、通信講座や専門学校などを利用する方法が有効です。特に通信講座であれば費用も安く済み自分の空き時間を利用して勉強でき、また専門学校の生講義に出席できるところもあります。

ReadMore

通信教育のあり方

学生

現在の通信教育は、受講者が教わるものから、教えるものまで幅広くあります。趣味で通信教育を利用することも可能です。教材が届くシステムのものや、インターネットの無料学習が人気を博しています。

ReadMore

タブレットによる学習

勉強

子供たちからも親からも評判を集めているスマイルゼミでは、紙による教材ではなく、タブレットによる学習を指導しているのが特徴です。楽しく学びながらスケジュール管理ができ、親子のコミュニティなどもできると支持されています。

ReadMore

簿記2級を取得するために

簿記2級の難易度

スーツ

簿記検定は毎年多くの人が受験する人気資格で、取得していると就職や転職に有利に働くだけでなく、会社の財務情報に関する資料を解読する知識が身に付きます。簿記検定には3級から1級まであり特に簿記2級以上を取得していると、一定の簿記知識があると認められ就職・転職に有利となります。簿記2級の難易度としては毎回合格率は30%程度となっており、決して容易に合格することはできないためそれなりの勉強時間が必要となります。そのため独学であれば強いモチベーションが必要となります。しかし毎回多くの人が独学で勉強し、一回目の受験で合格を勝ち取っています。独学で挑戦する人が多いことから書店で多くの市販の参考書や問題集が販売されています。

2級の試験科目

簿記2級試験には商業簿記と工業簿記が試験科目となっています。3級から勉強している人にとっては商業簿記を勉強することに抵抗はありませんが、工業簿記を苦手としている人は多くそのためなかなか簿記2級に合格できないという人もたくさんいます。工業簿記は原材料を購入してから製品を製造し販売する過程に関する仕訳の知識を問うもので、製造業になくてはならない知識となっています。具体的に製造過程をイメージして仕訳するパターンをマスターすれば合格レベルとなります。参考書を読んで過去問を含めた問題演習を繰り返す勉強法で独学でも十分合格することができます。どうしても工業簿記に馴染めないという方は通信講座や資格予備校を利用することもお勧めです。